土地を生前贈与するノウハウ

土地を生前贈与する

生前対策をしたいけど

  • 土地を生前贈与した場合、税金や諸経費はどのくらいかかるのか
  • そもそも普通に相続する場合とどっちが得なのか

というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
相続のプロが資産を後世に残しやすい形をご提案いたします!

不動産相続のプロが答える!土地贈与事例のQ&A

土地を分けて贈与した方がお得だと聞きましたが本当ですか?
贈与税は累進税率であるため、数度に分けて1回当たりの贈与額を抑えた方が、トータルでの贈与税額を抑えることが可能になります。
土地を分割して贈与する場合は、分筆をする必要はなく全体の10分の1や5分の1などの分数による持分贈与の方法によって贈与することができます。
土地を子供に贈与したいが、使う予定がない場合は売却してから現金を渡した方がいいのでしょうか?
相続税の課税対象となるのは、不動産の場合は時価ではなく、土地は路線価によって評価されるため、課税評価額が時価よりも非常に低く、これにより相続税を節税することができます。これに対し、不動産を売却して得た現金を相続する場合は、現金自体が課税評価額となるため、相続税については不動産の時と比べるとかなり割高となってしまいますので、お子様に贈与してから売却された方が節税できます。
農地をもらっても嬉しくないと思うので、農地を宅地に変えて贈与したい!
市街化区域内の農地であれば、農地以外の地目(宅地・雑種地など)に変更して贈与することができます。
ただし、市街化調整区域の農地ですと地目変更(農地転用)するのに農業委員会の許可が必要になりますので、不動産のプロに聞いた方が良いでしょう。

活用次第で大きく変わる!土地の贈与で得するコツ

土地の贈与税を下げるには、宅地を私道にして評価額を下げる、土地を分割して評価額を下げる、赤字会社に借地権を移転するなどの方法があります。
これを知らずに、節税対策を行っては最大の節税対策ができない場合があります。
贈与税の対策や計算方法は複雑で細かい法律が関わるため、ご自身だけで行うのは相当困難です。
生前贈与を非課税で行うにはいくつかの方法があります。あなたの状況に一番合う生前贈与の方法をプロがアドバイスいたしますのでお気軽にご相談下さい。

不動産相続に関する個別相談受け付けています

営業時間:10:00~18:30(水曜定休)

郡山市の不動産相続の相談窓口 リブシティ

所在地   〒963-8021福島県郡山市桜木2-22-2
電話番号  024-973-8005
大きな地図でみる