築40年のアパート残されて子供は本当に幸せ?

被相続人
Kさん(80歳)
相続人
長男(55歳)・長女(53歳)
ご相談者
Kさん(80歳)
対象財産
アパート2棟・賃貸併用マンション・預貯金

ご相談内容

3年前にご主人を亡くし、その時相続した築40年の古アパート2棟(最寄り駅から徒歩20分)などを今後どのように残していくべきか悩んでいた。
不動産のことはご主人、相続後は管理会社がすべて行っていたので、管理や入居状況、修繕状況等の細かいことはさっぱりわからない状態だった。
話を聴くと、『アパート2棟を管理してもらっている不動産会社から屋根や外壁などの大規模リフォームで1000万円の提案を受けているの。古いアパートだから子供に引き継がせる前に綺麗にしてあげたいし。直せば、少しは空室も埋まると思うのよね。今、やった方がいいかしら?』と話し出した。
さらに『顧問の税理士さんから概算で相続税は約11,400万円位かかり、現金だけでは納税できそうもないので、ゆくゆくは不動産を売るしかないと言れているの。けど…アパートは子供たちに残してあげたいし、何かいい方法ないかしら?』との相談だった。
子供たちが困らないようにしてあげたいという強い思いと古いアパート残さなきゃと思い悩んでいる様子がうかがえた。

当社の提案と解決策

我々から『お子さんが、納税や資産のことで困らないようにしてあげたいのですね?』と確認すると、深くうなずいたKさん。
では、お子さんは築40年の古アパートを改修さえすれば、お子さんは喜んで相続するでしょうか?
お子さんの本当の気持ちを聞いたことがなかったKさん。
 
資産の残し方や納税については、その場でいくつかの方法は考えられたが、ご家族に合ったより良い提案をするためには、不動産含めた資産の現状把握とお子さんたちの考えや気持ちを確認することが必要とお伝えした。
 
後日相続最適化シミュレーションに関する正式依頼が届き、不動産調査や財産分析に着手した。
 
途中、お子さんたちからも個別に約1時間ヒアリングを行った。
ヒアリングの結果は、長男・長女さんともに管理に手間のかかる古アパートはあまり欲しくない。できれば違う形が望ましい。との答えだった。
 
ヒアリングの結果を踏まえ、依頼から3週間後長男と長女も同席のもと、資産状況や相続に関すること今後の対策案などを報告した。
提案内容の概要は
①現状のまま古アパート2棟を2億円で売却し、その代金で、最寄駅から徒歩5分以内の都内の高層分譲マンション2戸へ組み換える(評価圧縮効果が高い)。
②生命保険へ各500万円ずつ1,000万円分加入というものだ。

この対策を行うと、現預金+生命保険金の6,000万円で相続税を納税することができます。
そして、長男さんが賃貸併用マンションを、長女さんが区分マンション2戸を相続することで、希望通りの資産を相続することができるというプランだ。 
提案報告を終え、『いまある資産を現状のままでなんとかしようと必死に考えていたけど、私たちにピッタリの提案をしてくれてありがとう。そして子供たちの気持ちを聴くということに気付かせてくれてありがとう。』と嬉しい感謝の言葉をいただいた。

担当スタッフからのコメント

ご相談内容や悩みは人それぞれです。しかし、共通することは『子供が困らないようにしてあげたい。子供に喜んで欲しい』という親心です。
相続対策や不動産活用を考えるということは、相続や税金、資産運用など多岐に渡り考えなければなりません。
だからと言って色々な人の話を聞きすぎて、何も実行しない人やいつのまにか税金を減らすことだけに目がいってしまい、本当の対策の目的を忘れてしまう方も少なくありません。
不動産・相続で成功するには、まずは、先延ばししない。そして、家族で話し一緒に取り組むことです。あらゆるセミナーに参加したり、無料相談に何度通っても結論は出ません。本気で相続対策を実行したい。
本当に信頼できる意見が欲しいならば、その道のプロに適正な報酬を支払って相談すること勧めます。
傍観者の「無料の意見」は聞き流すくらいの勇気が必要です。
当社のモットーは、『なぜそうしたいのか?誰が喜ぶことなのか?相続対策する目的な何か?』という気持ちにフォーカスすることです。
(記:熊田春夫)

不動産相続に関する個別相談受け付けています

営業時間:10:00~18:30(水曜定休)

郡山市の不動産相続の相談窓口 リブシティ

所在地   〒963-8021福島県郡山市桜木2-22-2
電話番号  024-973-8005
大きな地図でみる